2006年03月04日

MUSTからWILLへ

MUSTは「ねばならない」、WILLは「したい」ですね。

組織の中や、人生において如何にMUSTが多いか?

MUSTからは生産性もあがりませんし、「やらされ感」一杯で不満が溜まるだけ。

ハーヅバーグの衛生要因と言う行動科学者が言っていた理論ですが、衛生要因は

「給料や休みや地位など」で不満足を減少させるだけ、動機付け要因は「達成感ややりがい」

であり満足を増加させると。満足が増加しないとMUSTになります。

最低限の衛生要因でも、WILLで仕事をすれば「いい仕事してますね」ではありませんが

楽しいものです。

今悶々とされている方でも、自分は何をしているときが達成感を感じるか?

改めて思い直してみませんか?

自分もどうか反省しながら・・・・・・
posted by sada at 20:38| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネスサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

どん底

景気はよくなったと言われています。

しかし我々庶民はその実感がありません。いわゆる格差の世界でしょうか。

人生には大きな山や谷があります。今年還暦を迎える歳になるとつくづく考えます。

ここが「どん底」と思うのか、いや「まだ底ではない」と思うのか?

貴方はどちらでしょうか?

私はある時「どん底だ」と思うようにしました。

そうすると後は這い上がるだけ、昇るだけ。まだ底があると思うと「自分で

底を掘っていると」思い出したのです。堀まくって温泉でも出れば儲けモノですが。

ことほど左様に、同じ人生プラスで考えたいものですね。
posted by sada at 22:04| 兵庫 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネスサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

学生時代にもっと勉強していたらなぁ!

最近我々おじさんに間ではこの言葉が良く出てくるものです。

かく言う私もあまり勉強はしていません。雀荘か倶楽部の部室(弓道部)でした。

はたまた「パチンコ屋」=手で玉を入れる時代でしたよ。

デモに明け暮れた時代でしたが、1回も参加せず・・・・・・・・・

卒業式は学園封鎖。卒業論文はあちこちの写し書き(恥ずかしい)。

今だから言えるので、学生時代には絶対に勉強なんかしなかったのです。

でも還暦を迎え、アカデミックな勉強は出来ませんが、社会の勉強はしたいと

思っています。

3月22日には2冊目の単行本を上梓しますが、世の中の流れを見極め

残された人生を精一杯生きたいと思っています。

SADA
posted by sada at 21:25| 兵庫 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 踊り場力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

おじさんのつぶやき

先日の出来事です。JRの在来線の四人掛けシートに乗っていると、隣の席
でおじさんが若い女性に怒鳴っているではありませんか。
「こんな場所で化粧なんかするな!みっともない。ここは化粧室か?」と言っていました。

一瞬電車男の気分になった筆者ですが、おじさんの言っていることが「正論」。
ただ「シツコイ言い方でブツブツ」。周りは一瞬静まりかえっていましたが後は見て見
ぬ振り。その女性は次の駅で降りてしまいました。

数日して電車に乗った際、向き合いシートではなかったのですが隣の席の明らかに女
子高校生が化粧をし始めました。

比較的空いた車両であり、私は本を読んでいましたが・・・。
恥かしながら無視してしまいました。見苦しいし、みっともない。しかも終れば今
度は携帯メールを操作しているではありませんか。

「まぁ!いいか」と思ってしまう間に駅に到着。さっさと降りてしまいました。

まさかナイフで刺される訳でもないし、躊躇した私は大いに自己反省!あのお
じさんのようにしつこくはいけないが言えなかったことは確かです。

古いと言われようが社会のマナーを彼女達は学んでいないのでしょうか?

この前も、とある企業で女性営業パーソン(ご年配)のセミナーをさせていただきました。
相当おもしろく、興味を持っていただく様にお話をさせてもらいました。
みなさん、熱心にメモをとられていますし、真剣な眼差しです。笑いもありました。

大きな拍手もいただきました。
話すほうは相当な気遣いもするので、非常に疲れます。

終りに責任者の方と懇談をしましたが、その人曰く「今日は素晴らしかったです」と
のこと。この言葉で救われるますし、疲れも吹っ飛びます。
しかし後の言葉でがっくりしました。「今日は初めてです。誰も部屋から出ていきま
せんでした」と言われました。

筆者は「はぁ?」と聞き返しました。実はおもしろくなければ出て行かれるそうな
のです。
若い人ばかりを攻められません。親の年代の人達からそうであれば。

posted by sada at 23:17| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 踊り場力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

インドの強さ

最近BRICSが注目されています。その中でもインドは2030年には人口が
世界一になるとか?14億を越えると言われています。日本は去年から人口減なのに。

ITのソフト産業がバンガロールに集中しています。数学が優秀なのです。

日本は九九なのにインドは十九×十九と「国家の品格」の藤原先生が言われています。
冬季オリンピックも日本は絶不調です。
政治はごたごた、もっとすっきりした国にしたいものです。
posted by sada at 21:45| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 踊り場力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

有効求人倍率

2005年12月の有効求人倍率が1倍になったと厚生労働省が発表しましたね。

実に13年3ヶ月ぶりとか。

しかし、地域差、職種、年齢(50歳以上はダメ)などを考えると実際はそうではありませ

ん。パート労働が増え、派遣社員が増えているのです。現に私の周りには50歳台で困って

おられる方が非常に多いのが現実です。正社員は0,65倍なのです。

大阪のタクシー業界も厳しく、15時間働いても15万と言う現実なのです。

数字にごまかされてはいけません。本当に豊かな社会にしたいものです。

こんなことを実感する毎日です。

SADA
posted by sada at 20:00| 兵庫 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 踊り場力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

いよいよ第二弾の本が出ます!

第一弾「気づける人はよみガエル」に続き3月半ばに「団塊の転職」と言う真っ赤な装丁の

本が出ます。今年還暦を迎える元気おじさんです。

人生はこれからまだまだと燃える心も真っ赤の意味です。

完成までには実に4ヶ月もかかりました。
posted by sada at 21:04| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 踊り場力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

今年のCSR

CSRという言葉が叫ばれて久しい。
Corporate Social Resposibility(企業の社会的責任)と直訳しておこう。
「企業が社会に対して負う責任であり、企業活動において利潤の追求だけでは
なく安全かつ良質な財・サービスの提供を行う」とある。
「ガバナンスの徹底」「誠実な顧客対応」「環境への配慮」がキーワードであ
る。このようなことは今に始まったわけではなく、昔から言われていること。

何で今更???と思うが、世の中企業の、イヤ企業だけに限らず組織体自身こ
のことが乱れすぎている。
今年に入っても続々と不祥事が続発している事は、まことに嘆かわしい。

本年の1月5日の日経新聞に「今年のキーワードは・・<好機><スピード>
<責任>」と述べられていた。

そう好機は(チャンス)・スピード・責任(レスポンシビリティ)の頭文字を
3つ並べるとCSRになると。

チャンスは見逃すと逃げて行く。逆にピンチをチャンスにしたいものだ。チャ
ンスの人は「ピンチの時を考えよう」、「ピンチの人はチャンスと捉えよう」。

スピードは絶対である。今年の年頭のメルマガには「ドッグイヤー」を書いた
が、世の中は想像を絶する速さである。
物事はイヌの年齢で進み、個人年齢ははイヌの年齢に0.7を掛けようと。

責任のとり方は「辞任」ではないと思う。カバーするぐらいのモノを生み出し
きれいに引き去る事である。「安全と衛生」は絶対である。人の命に関わるか
ら。
松下電器が日本全国の所帯にヒーターの危険お知らせを出すとか?遅きに失し
たが、徹底して欲しい。

丙の戌年は徐々に景気も明るさを取り戻したと言う。筆者はあまりその感覚が
ないが・・・・・・・・

今年はネガ語はやめてポジ語でこのメルマガを書きたいと改めて思った。
posted by sada at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。