2007年02月11日

リスクにつけるクスリはない



最近危機管理が叫ばれて社会の大きな問題になっている。

「リスクマネジメント」なんて言葉もある。「危機」と

言う言葉は何だが響きが良くない。追い詰められ断崖絶壁

に立たされた心境になるのが人間の性ではないだろうか。

また企業の不祥事が続き過ぎる。過去もあったのだろうと

思うが、マスメディアが大きく取り上げ「世間の目が集中

してしまうのである」。

決してかばっているわけではない。要は企業の中のトップ

から現場までが「茹でガエル化」して、「慢性の何とかなる

症候群」に罹患しているのである。

調査委員会なるものが出来て調べておられるが、

「形ではない!魂や心が腐っていないか」を調べて欲しい。

昨年末に熱海市長が「熱海市財政危機宣言」を発表された。

夕張のようになる前に危機を訴えられたのである。

市民に意識改革・行動改革を促そうとされた。

企業組織も同じことが言える。

ところが熱海は観光地である。観光のお仕事をされて

おられる方は「イメージダウン」を恐れられたのは

当然かもしれない。

ことほど左様に「危機」と言う言葉は諸刃の剣であり、

真の情報共有とベクトル合わせがない限り乗り切ることは

至難の業ではないだろうか。

まさに「リスクにつけるクスリはない」。


posted by sada at 16:26| 兵庫 ☀| Comment(32) | TrackBack(6) | 踊り場力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。